雑穀米の効果的な摂取方法

雑穀米を摂取するには?一番効果的な摂取方法は?

雑穀米を摂取するには?一番効果的な摂取方法は?

同じものを摂取するなら、効果的に摂りたいですよね。
雑穀米ってどうすれば一番効果的に摂取することができるのでしょうか?雑穀米の摂取方法を調べてみると、健康や美容への効果が表れた人とあまり実感できなかった人には大きな違いがあることが分かりました。

雑穀は国産品を選ぶ

昨今の人気で雑穀のマーケットが日本にも広がった結果、
海外から安価の雑穀が入っています。

 

外国産の雑穀は安い一方で、デメリットが目立ちます。
雑穀は1粒1粒がとても小さいので何千粒、何万粒の表面積はとても大きく、
それぞれの粒の表面に農薬が付いていたり、輸入の段階で酸化が進んだり、
品質や栄養素は国産品に比べてどうしても低くなってしまいます。

 

一方で、国産品は味や風味、食感が非常に良く安心して摂取できます。
色合いが良かったり、粒の大きさが揃っているのも特徴です。
MADE IN JAPANは、雑穀米にも健在です。

関連する注目記事

雑穀米は炊く前に水に浸けておく

白米と混ぜるだけで使える雑穀米の素の多くは、
基本的に水に浸けなくてもすぐに使えるように処理されています。

 

しかし、炊く前に浸水させておくことで更に美味しくなったり、
雑穀の栄養価が高まります。
理想の浸水時間は一晩ですが、それだと玄米の手間と変わらないので、
1〜3時間ほどがおすすめ!

 

玄米は浸水させることで更に栄養価の高い「発芽玄米」になります。
それと同じく、「発芽雑穀」を作り出すわけです。
雑穀の種類によっては2〜3時間で水に少し溶け出す物もありますが、
その溶け出した水で炊飯すれば、まるごと栄養素を摂取できます♪

 

雑穀はバサバサ感がより少なくなって食べやすく、
発芽によってギャバなどの栄養成分がグッと高まります。

効果的に摂取するために

国産品の雑穀
(できれば)炊く前に浸水させる

それらが栄養分を効率良く摂取するポイントといえます。

 

やずやの発芽十六雑穀の購入