十八穀米の成分

十八穀米の成分は?

十八穀米の成分は?

十八穀米は栄養素がたっぷり入った雑穀米です。
十八穀米は、白米に十八雑穀の素を入れて炊くのが一般的です。予め栄養価や味を考えて18種類がブレンドされているので、とても手軽で美味しいです。

十八穀米に含まれているのはどんな雑穀?

十八穀米の商品によって使われている雑穀の種類に細かな違いはありますが、
メインとなっている雑穀の種類はほとんど同じです。

 

十八穀米は、1粒1粒の雑穀がそれぞれ違う働きをしてくれます。
主な雑穀の成分をまとめました。

主な雑穀と効果

種類

栄養素

効果

赤米

カテキン、タンニン、ポリフェノール、食物繊維、マグネシウム、ビタミンB1 高血圧、脳卒中、コレステロールの低下。発ガンなどの抑制。

黒米

たんぱく質、ビタミン、抗酸化成分アントシアニン 動脈硬化、老化、発ガンなどの抑制。滋養強壮、造血作用。

発芽玄米

食物繊維、アミノ酸、ギャバ、鉄分、マグネシウム、亜鉛 コレステロール、血糖値、高血圧低下。体質改善、健康維持。

はと麦

食物繊維、たんぱく質、アミノ酸、鉄、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸 便秘改善、肌荒れ改善、美容、美肌、デトックス効果。

押し麦

カルシウム、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維 高血圧、コレステロール低下。ダイエット、メタボ解消、便秘改善。疲労回復、健康維持。

もちきび

食物繊維、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、たんぱく質 血行促進、アンチエイジング、ダイエット、動脈硬化の抑制、皮膚再生やアトピーの改善。

もち麦

食物繊維、たんぱく質 、ビタミンE、ビタミンB1、亜鉛、鉄 便秘改善、ダイエット、メタボ解消、高血圧の抑制、コレステロールの低下。

もち玄米

食物繊維、マグネシウム、ビタミンB1、B6、ギャバ、リン 冷え性改善、健康維持、便秘改善、ダイエット、老化予防。

小豆

たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、食物繊維、リン、亜鉛、アントシアニン 利尿効果、むくみ改善、ダイエット、メタボ解消、血液改善、血行促進

黒大豆

たんぱく質、アントシアニン、カルシウム、マグネシウム、鉄 発ガンの抑制、老化予防、滋養強壮、造血作用。

 

これらの定番の雑穀は、どの雑穀米にも含まれている場合が多いです。
その他には、商品によって麦類、豆類、野菜などが加えられて
「十五雑穀」や「十八雑穀」などにまとめられています。

その他の雑穀

はだか麦…食物繊維が白米の15倍。
青肌玄米…マグネシウムやギャバが豊富。
もちあわ…ビタミンやカリウムを多く含み、消化不良に効果的。
とうもろこし…ビタミンAを多く含み、皮膚の保護や目の疲れに効果的。
アマランサス…最も注目されている穀物。カルシウムは白米の40倍!
黒ごま…コレステロールの低下、肝機能の回復などに効果的。
丸麦…食物繊維に優れているので便秘改善に効果的。
緑米…亜鉛やマグネシウムを多く含む米。

美味しさと効果のバランス

十八穀米の成分をすべて取り入れようとしても、
美味しい雑穀米にするためには配合バランスが大切です。

 

同じ雑穀を使っていても配合バランスによって味は変わるので、
自分好みの味の雑穀米に出会えると自然と続けられます♪

口コミでも好評価が多いおすすめの雑穀米