キビの栄養と効能

キビの栄養と効能

きびの栄養と効能

キビは、アワやヒエと並ぶ代表的な古くからの雑穀です。
特別に多い栄養素はありませんが、ビタミンやミネラル、
食物繊維などをバランス良く含んでいます。
見た目もよく似た「アワの兄貴分」的な穀物です。

キビの栄養

亜鉛 白米の2倍含まれています。
食物繊維 不溶性食物繊維が、白米の約3倍含まれています。
鉄分 白米の約3倍含まれています。
マグネシウム 白米の約3倍含まれています。
ビタミンB6 含まれています。
ナイアシン 含まれています。

キビの効能

亜鉛 老化の原因となる活性酸素を取り除きます。

炭水化物の代謝を促進する作用もあるので、ダイエットにも◎。

不溶性食物繊維 腸内環境を整えたり、便利解消に効果的です。
鉄分 赤血球を作るのに必要な物質で貧血を防止します。
マグネシウム カルシウムの働きを調節し、歯や骨を作ります。
ビタミンB6 皮膚炎や月経前症候群の予防にも効果があるといわれています。
ナイアシン 脂肪を燃焼させ、皮膚を健康に保つために必要な成分。
たんぱく質 善玉コレステロール(HDLコレステロール)の値を高める作用があるとされています。

キビの特徴

粘りのあるモチキビと、粘りのないウルチキビがあり、
桃太郎に出てくる「きびだんご」のようにお菓子にも使われます。
アワよりも一回り大きくコロンと真ん丸い形をした雑穀で、
よりツブツブ感がはっきりとしていて、更にコクと甘みがあります。